読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまってるB面日記

はじまるや店主の日々の気づきです

金魚凍結事件の私的教訓。

毎日、出会う人やことかえられる気づきがあります。

最近、ゴミ出しの日を間違えたり、トイレの電気をつけっぱなしにすることが増えてきたので、忘れてなるものか!とここに綴ります。

 

 

唐突ですが

買ってる金魚が凍りました。はい。マイナス15℃の日です。

岩手の田舎の古い民家である我が家。家の中でもこういうことが起こるのです。

 

金魚は幸い水を変えてあげてから1時間くらいでよみがえりましたが、

(これで3度目です・・・気をつけてあげないと・・・)

生命力の強さに恐れ入りました。

 

この時に、わたしったら仕事に行ってるダンナに訃報メールを打ったんです。

「金魚死んじゃった」と。

f:id:hanautapapi:20170118194312j:plain

 

 

なぜ信じてあげなかったのか、一瞬あきらめました。前回も大丈夫だし、と半分くらいあった希望が今回はなんかダメかも・・・と。

 

そして取り出したるはペンジュラム。

あるヒーラーさんから買った石です。(エレスチャルというクリスタル)

イエス、ノーで質問に答え、とても信頼していた、ハイヤーセルフか何かわからないけれど、何でも知ってるその石に訊いてみたんです。

「この子はよみがえりますか?」と。

そしたら左回りにグルグルとまわりました。これはNOという答え。

 

このことを信じてしまったんです。

 

でも、結果はよみがえった。死んでませんでした。

少ししたら元気に泳ぎ始めたんです。

 

「あっれ~~わわわ・・・」ですよ。

死んだと思い込んでたイエスがよみがえったみたいなものですよ。

 

 

このことで意味するものは何でしょう?

 

私はこの石に依存してました。

自分の肚に訊かずに、この子を頼ってました。

 

「石、間違ってるじゃん!!!」

 

もう自分以外のモノやコトに頼るのはやめなきゃいけない

そういう、メッセージです。

もちろん人にも。

 

私の中にある力強い答え、なんとなくの直感、そういうもの、をものさしにして

自分に訊いて、生きてこう。

 

ちなみに金魚、そのまま水槽にいれていてもよみがえったと思うんですが

なんか、みていたら、口のあたりが動いた気がして、まさかと、見間違いかと思いつつも、ダメもとできれいな神社の御神水に移してあげたんです。

そうしたら、ほどなく、ひれを動かし始め、身体をよじりはじめ・・・・

 

f:id:hanautapapi:20170118194341j:plain

 

なので、やはり現実は想像、予断より断然、面白いということです。

今、ここにある現実をちゃんと見よう。

 

そんなことも教えられた金魚凍結事件。

 

ゴミ出しの日もちゃんとカレンダーみて確認。

トイレの消灯もちゃんと確認。